クレジットカードとデビッドカードの違いとは

クレジットカードの役割を一言で言いますと、後払いができるシステムです。


付帯する様々なサービスが最近は目立つようになりましたが、基本はカードホルダーの信用を裏付けとして買い物などで現金がなくても購入できることです。

一方、デビッドカードは、後払いができないカードだと理解するのが最もわかりやすいです。デビッドカードは、商品を購入するにあたって即時決済となり後払いで購入することはできません。

クレジットカードは、口座引き落としをするための口座を設定することになります。

デビッドカード同様に商品代金を支払うための銀行口座が必要となります。



この点は変わりません。

ではどこに違いがあるのでしょうか。


クレジットカードの口座には、引き落とし日までに商品の購入代金を準備しておけばいいです。
これに対して、デビッドカードは商品購入時に商品購入代金以上の口座残高があることが必要になります。
デビッドカードの利点は、口座の残高次第で自由に決められます。

一方、クレジットカードは、カードの発行時に利用限度額が契約によって決められてしまいます。

その範囲内で繰り返し利用することができるシステムです。

50万円の限度額が決定されると10万円利用すれば残りの利用できる金額は40万円になります。



10万円をカード会社に支払えば、限度額は50万円に戻ることになります。



デビッドカードの発行元は、カード会社ではなく銀行です。支払い回数も1回払いに限定されます。

クレジットカードは、後払いつまり借金をすることになるので審査が必要です。

一方デビッドカードは口座に残高があればいいので審査はありません。また、借金が嫌いなかたも抵抗なくデビッドカードは使えます。


またショッピング保険が付帯されているので、商品が破損、盗難にあった場合補填してくれます。