クレジットカードが届いたら直ぐにサインすること

カード会社にクレジットカードの申し込みを済ませれば、審査の後にカードを自宅まで届けてくれます。カードが届けばその瞬間から使えるようになりますが、その前に必ず行わなければならない作業があります。



届いたクレジットカードの裏面を見てみましょう。

そこには署名欄などの記述がある横長のスペースが存在します。

この部分に自分のサインを記入してください。

サインが書かれていないカードは、支払いの際に使うことができない決まりになっています。

クレジットカードのサインは本人確認の際に必要になるものです。

今ではサインを求められることが減ってきましたが、お店の対応によってはサインを求められます。
紙に書かれたサインとカードの裏面のサインを見比べて、本人であるかをチェックして、その後にカードの支払いを認める流れです。

カードにサインが書かれていなければ、カード払いを断られたり、その場で今すぐ記入するように求められたりします。



支払いに時間がかかりますから、面倒でも必ずカードを受け取った時点で、直ちにサインを記入しておきましょう。
サインは付帯保険の適用時にも必要になるものです。


カードにサインがないものを紛失したり、盗まれたりした時には、保険の対象外になってしまい、不正利用された分を自分が支払わなければならなくなる事態に陥ります。

せっかくの保険制度が台無しになりますから、記入を忘れないようにしてください。
記入するサインには決まりが無いことが多いですが、フルネームが基本です。