クレジットカードは家族なら使っても良いか

万が一にも悪用された場合の事を考えると、クレジットカードをたとえ親しい友人であったとしても他人に貸そうとする事は絶対にしてはいけないです。
ただ、家族ならば良いのではないかと考えてしまいがちですが、クレジットカードはたとえ家族であったとしても貸す事は止めておくべきです。

どうして家族でもカードを課すのは止めておくべきなのかというと、カードの使用は出来たとしても何か問題があった場合には保証対象外となってしまうからです。クレジットカードは紛失や盗難した場合に金銭的な被害があった場合、手続きを行う事で保証を受ける事が出来るのが一般的です。しかし、それは利用規約をきちんと守っている場合の話であり、カードを他人が使う場合は保証の対象外となってしまうのです。

家族に貸したは良いが、どこかに落としてきてしまったという場合にもしもカードを使われていた場合に困ったことになってしまいます。



だから家族であったとしてもカードを他の人に貸すのは止めておくべきです。

それでもどうしても家族がカードを使いたいという場合は、家族カードを発行するという手があります。



家族カードならば元々家族が使う事を目的とするカードであるので問題はないです。



ただ、家族カードを利用する場合であったとしてもカードを利用する負担はその親元となるクレジットカードの所有者が負担する事になるので、自分自身でないからこそ勝手に浪費される事が無いようにはきちんと注意するようにした方が良いです。