クレジットカード会社発行のプリペイドカードについて

クレジットカード会社が発行するものには、昔から利用されているカードはもちろんのこと、最近はプリペイドタイプのものも流通しています。どちらの場合もIC搭載のものが主流で、利用の際にクレジットカードリーダーを用いるため、幅広く利用することができますが、少し違いもあります。



支払い方法についての違いは、クレジットカードは、後払いが基本で銀行口座から引き落としされますが、プリペイドタイプは、先に現金を入金をすることでその範囲内で使うことができます。



入金方法としては、コンビニでのチャージや指定された銀行口座に送金することが一般的です。
また、国内でのチャージは日本円に限定されていますが、インターネットを利用して自分の所有したい通貨にお得な為替レートで両替できるものがたくさんあります。


そのうえ、日本円に戻す際もお得な為替レートで簡単に行え、様々な国に移動をされる方にとっては、審査のないプリペイドタイプは使いすぎる心配もなく、クレジットカード同様の高いセキュリティを保持した利便性の高い商品です。しかし、プリペイドカードタイプにも少し弱点はあります。



それは、海外旅行者専用のものを作成すると発行国で利用できない場合や一般的なカードに付随する補償を受けることができない場合があるからです。
そのため、プリペイドタイプのもの所持する場合は、為替手数料などを様々なサービスを吟味して自分の目的にあったものを利用することが理想となります。