なぜクレジットカードでポイントがもらえるのか

現金払いではなく、クレジットカード払いを利用すると、独自のポイントがもらえるカードが大多数を占めます。

カード利用者にとっては大変お得なサービスですが、商品の購入代金に変化がないのに、カード払いでお得なポイントがつくのが不思議に感じられるところです。



クレジットカードを利用するとポイントがもらえるのは、カード払いを受け付けているお店がカード会社に対して手数料を支払っているからです。全国のお店から集めた手数料がカード会社の利益になり、その一部を利用者に還元している仕組みになっています。

余計な手数料が発生するなら、お店にとっては現金払いの方が損が少ないと考えられがちです。


しかし、クレジットカードの支払いを受け付けることは、手数料を負担する以上にお店に恩恵をもたらすメリットを持っています。

カード払いはとても便利なものです。

気軽にクレジットカードの情報が揃っています。

現金を持ち歩かなくても決済できますし、ついでにポイントまで貯まるわけですから、所持している人としてはできるだけカード払いで済ませたくなります。

クレジットカードについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

この時にお店がカード払いに対応していないと、別のお店にお客さんが流れてしまう危険が高まります。
お客さんが少なくなれば売上が落ちて利益も同時に減りますから、経営が難しくなります。

自然にお客さんが集まり、商売繁盛に繋がるため、お店は手数料を負担してでもカード払いを採用しています。

この仕組みが上手く機能していることで、利用者はお得なポイントをもらうことができます。